どうしたらいいの?血尿の原因と治療法を知っておこう

>

血尿ってどんなもの?どんなときに出るの?

膀胱炎ってどんな病気?

膀胱炎とはどんな病気なのでしょうか。
特に女性はかかりやすいと言われる膀胱炎。
かかったことがあるという人も多いのではないでしょうか。

膀胱炎は尿路感染症のひとつです。
尿の経路が細菌に感染し、炎症を起こす病気です。
膀胱に細菌が入り繁殖してしまうことで発症するのですが、この細菌が膀胱の粘膜を傷つけることで出血します。
この血液が尿と一緒に排泄され血尿となるのです。

膀胱炎の自覚症状としては、何度もトイレに行きたくなってしまう頻尿や、残尿感などが挙げられます。
また、過度の疲労やストレス、別の病気にかかっている時などは、体の免疫力が落ちているので膀胱炎にもかかりやすくなります。

ちなみに男性よりも女性が膀胱炎になりやすいのには、身体の構造が影響しています。
男性は尿道が20センチ以上あるので、最近が膀胱に達することがほとんどありません。
女性は尿道が数センチと短いため、膀胱が感染しやすい環境にあるのです。

膀胱炎になってしまったら?

膀胱炎になると、頻尿や残尿感、排尿時の痛みや尿の濁り、血尿などの症状がみられるようになります。
細菌感染が原因となるため、尿検査をすることですぐに診断できます。

風邪気味であったり、身体が冷えていたりと、免疫力や抵抗力が弱っている時に感染しやすくなります。
また、尿を我慢すると膀胱炎になる、という話を聞いたことがある人も多いかも知れません。
尿の中は細菌が繁殖しやすい環境なので、尿を我慢し、膀胱内に尿をたくさんためてしまうと感染のリスクも跳ね上がるのです。
常に膀胱を空にすると心掛けることで、かなりの予防ができます。

膀胱炎になってしまった時は速やかに医師の診断を受けましょう。
抗生物質の投与による治療が一般的となります。
抗生物質は速やかに効くので、1日ないし2日で症状が落ち着くことがほとんどです。



TOPへ戻る